GENERATIONS/『Rainy Room』Music Video

GENERATIONS from EXILE TRIBEジェネレイションズ)の3枚目オリジナルアルバム『SPEEDSTER』(スピードスター)収録曲「Rainy Room」(レイニールーム)をご紹介します。


スポンサードリンク






「Rainy Room」MVはこちら



出典:YouTube




楽曲詳細


SPEEDSTER(CD+2Blu-ray+スマプラミュージック+スマプラムービー) - GENERATIONS from EXILE TRIBE
SPEEDSTER(CD+2Blu-ray+スマプラミュージック+スマプラムービー) - GENERATIONS from EXILE TRIBE
・リリース:2016年3月2日
・作詞:小竹正人、作曲:FAST LANE, ERIK LIDBOM

GENERATIONS from EXILE TRIBEのニューアルバム『SPEEDSTER』から、新曲「Rainy Room」のミュージックビデオが公開された。

「Rainy Room」は、1月27日に発売されたニューシングル「AGEHA」とはテイストの異なる、切なさ溢れるラブバラード。“愛し方を知らなかったから愛され方もわからなかった”という、若さゆえの切ない別れを描いた楽曲について、ボーカルの片寄涼太は、「自分自身もとても共感できたので、是非たくさんの方に聴いて頂きたいです。新たなGENERATIONSの一面を引き出して頂いたので、是非そんな部分も感じて頂けたら嬉しいです。」とコメントしている。

「Rainy Room」MVのコンセプトは“雨降る夜の街を駆けずり回る失恋男たち”。サビ以外をすべてイメージシーンで構成するというGENERATIONS史上初の試みに挑戦した本作は、愛する人を失ったことによる自己嫌悪や絶望を、7人それぞれがこれまで見せた事のない、切ない表情で演じている。

その見どころはなんといっても、土砂降りの中で踊る7人全員の一糸乱れぬダンスシーン。切なさを表現したというパフォーマンスは繊細で美しく、一歩ずつ大人への階段を上るGENERATIONSメンバーの男の色気さえも感じさせる。

<片寄涼太からのコメント>
「AGEHA」からはがらりと雰囲気が変わり、とても切ないラブバラードになっています。詞は三代目J Soul Brothersさんの「花火」や「冬物語」、Flowerさんの「白雪姫」など数々の名バラードを書かれてきた小竹正人さんに、初めて作詞して頂きました。「""愛し方""を知らなかったから"愛され方"もわからなかった」という若さゆえの切ない別れを描いた曲です。自分自身もとても共感できたので、是非たくさんの方に聴いて頂きたいです。新たなGENERATIONSの一面を引き出して頂いたので、是非そんな部分も感じて頂けたら嬉しいです。



スポンサードリンク







閲覧ありがとうございます!

当ブログがほんのちょっとでもお役に立ちましたらSNSでシェア・共有していただけると励みになります(^^)

この記事へのコメント